届出すべきかどうか

判定は

 

×・・・出さなくてOK

 

です。

棚卸とは

12/31に売れ残っている(使い切れずに残っている)商品(材料)などを数えることです。

 

売れ残った分はその年の仕入れ(経費)から外します。

 

結果、売れた分だけがその年の仕入れ(経費)になります。

 

そうすることで、その年の売上と仕入れ(経費)のバランスがとれることになります。

翌年に

棚卸した分は、翌年(以後)に売りますので、翌年の仕入れ(経費)になります。

 

もし、また売れ残ってしまったら、同じように棚卸をして、次の年に回します。

届出をしないと

棚卸の数を調べたら、1コあたりの単価を掛け算して、金額を算定します。

 

この1コあたりの単価をいくらにするか、をこの届出で決めます。

 

届出をしないと、単価=その年最後に購入した値段になります。

 

こちらで全く問題ありません。一番シンプルで使いやすい方法です。

その他の方法

いずれも手間のかかる方法ばかりです。

 

例えば低価法というものがあります。

 

これは、購入した時点の値段よりも12/31時点の値段の方が低いときに、その低い値段を単価にする方法です。

 

まず、12/31の値段を調べなければなりません。

 

また、複数の仕入れ先がある場合には、どこの値段を参考にすべきか?1店だけたまたま年末セールをしていたら?

 

など、煩雑なことばかりです。

節税について

棚卸の単価がいくらであっても、通年でみれば仕入れた金額のすべてが経費になっていることには変わりがありません。

 

例)
@購入100円  棚卸10円  その年の仕入れ(経費)90円  来年の仕入れ(経費)10円

 

A購入100円  棚卸12円  その年の仕入れ(経費)88円  来年の仕入れ(経費)12円

書き方(その他の方法をあえて使いたい場合)

棚卸資産の評価方法の届出
@ 棚卸資産の評価方法 にチェック。

 

A 住所と事業所のどちらにしてもOK。

 

  私は、税務署からの書類などを事務所へ送ってもらった方が楽なので「事業所」にしています。

 

  電話番号は携帯でもOK。

 

B 住所と事業所が別の場合に記載。

 

C なければ無しでOK。

 

D 棚卸資産の評価方法 にチェック。

 

E 上の職業欄と同じでOK。

 

F 商品 製品 半製品 原材料 消耗品 と記載。

 

G 使いたい方法を記載。

 

H 空欄でOK。

 

I 空欄でOK。

 

J 空欄でOK。

 

K 空欄でOK。

提出期限

開業した年の翌年3/15まで

トップへ戻る