届出すべきかどうか

判定は

 

▲・・・そのかたの状況による

 

、です。

はじめに

この書類は、

 

従業員の給与計算をするときに天引きした税金(源泉所得税)を

 

@通常は毎月税務署に納める ところを

 

A特例として半年に一度(7/10と1/20)にまとめて税務署に納める

 

ことができるようにするための書類です。

条件

従業員が10人未満である場合のみ、この特例を使えます。

従業員がいない場合

提出しなくてOKです。

従業員がいる場合

ご自身の好きなほうでOKです。

 

@毎月納めたほうがスッキリするかた

 

A半年に一度のほうが楽でいいかた

 

どちらの考え方もアリだと思いますので、Aのかたのみご提出ください。

提出期限

特例を受けようとする給料日の前月末まで

書き方

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
@ 空欄でOK。

 

A 事業所を記載。

 

B 屋号(鈴木内装など)があればそれを、なければご自身の氏名を記載。

 

C 空欄でOK。

 

D ご自身の氏名を記載。

 

E 空欄でOK。

 

F 提出前6か月の従業員数、給与合計を記載。まだ給与支払を始めて6か月未満の場合は、該当する分だけでOK。まだ給与支払を始める前なら空欄でOK。

 

G 空欄でOK。

 

H 空欄でOK。

トップへ戻る